【囲碁】AIはどこがどう強いのか 大橋六段がその「思考法」を解説

1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/07/10(月) 14:17:46.00 ID:CAP_USER9.net
人類最強棋士相手に3連勝を飾った米グーグルの囲碁AI「アルファ碁」。
10年先と言われていた人類に対するAIの完全勝利は、囲碁界に激震をもたらした。

人類が積み上げてきた囲碁の定石は過去のものとなり、アルファ碁の戦い方は囲碁の常識を覆そうとしている。
AIの勝利は囲碁界に何をもたらしたのか。人類とAIはどう向き合っていくべきなのか。
アルファ碁に揺れる囲碁界の現状を、大橋拓文六段が描く。

将棋界で藤井聡太四段がデビュー以来の29連勝という新記録を達成した。
将棋界の枠を越え、社会現象と言えるフィーバーぶりである。

囲碁・将棋界を合わせてみても、1996年の羽生善治七冠誕生以来のビッグウェーブと言えそうだ。
中学生棋士が公式戦で土つかずの29連勝はもちろん偉業だが、ここまで棋界を飛び越えたニュースになったことは、昨今、AIの台頭で揺れる私たちプロの棋士にとって、非常に喜ばしいことである。

囲碁界にAIという黒船が到来したのは2016年のことだった。
米グーグル傘下のディープマインドが開発した「アルファ碁」の登場である。
昨春、世界トップクラスの韓国人棋士、李世ドル九段を破ったときは、韓国で“AI鬱”という症状が現れたとも聞いた。

今年5月、さらに進化したアルファ碁が再び姿を現し、現在世界最強と目される中国人棋士の柯潔九段を3−0で下した。
棋士たちはもう心の準備はできていたが、それでもアルファ碁の進化は凄まじいものがあった。

李世ドル戦から柯潔戦の1年余りで、大きく変わり始めたことがある。
囲碁AIは人間と勝負する存在から、「囲碁を理解するためのツール」として、棋士たちが受け入れ始めたのだ。

実際、柯潔九段はアルファ碁戦以後、18連勝中(継続中、7月7日時点)であり、アルファ碁の手の研究は世界中で非常に活発に行われている。
将棋の藤井聡太四段も将棋AIを活用していると聞いた。

人のレベルを超えたAIとの練習は、野球でいえば時速200のバッティングマシーンで練習するようなものだ。
自分のプレースタイルが壊れるリスクもあり“諸刃の剣”だが、成功すれば絶大な効果を得ることができる。

グーグルのディープマインドはAIの試金石として囲碁というフィールドを選んだ。
囲碁はとても奥深いゲームで底が見えない。しかし、必ず勝ち負けがつく。
このボードゲームでAIの進化の様子を追い、AIと向き合うヒントになれば、筆者としてこれ以上の喜びはない。

■「直感」を手に入れたアルファ碁

囲碁は19×19=361の碁盤で争われ、その変化の数は、宇宙に存在する全ての原子の数より多いとされる。
コンピュータの計算力をもってしても膨大で、囲碁が難攻不落と言われていた理由だ。

ただ、「コンピュータは全部しらみつぶしに読むから強いですよね」という質問をよく受けるが、アルファ碁は全ての変化を読んでいるわけではない。
例えば米IBMが開発したチェスAIのディープブルーは1秒間に2億手を読むが、アルファ碁は1秒間に1万手しか読まない。

それではなぜ、アルファ碁は強いのか。
アルファ碁がそれまでの囲碁AIから急速に強くなったのは、ディープラーニングを取り入れたことが大きな理由だ。
そしてディープラーニングによって囲碁AIが手に入れたものは人間で言う「直感、感覚」なのだ。

直感や感覚を説明するために、まず「実利」や「厚み」という囲碁の概念を紹介したいと思う。
囲碁の対局の進行中に下図のような形が現れたとしよう。

図1:白の石に囲まれた□が白の陣地になる。□は10個あるので白地は10目だ。
白の外側にある黒の石の壁は現時点で陣地を確保できていないが、うまく活用すれば将来、白より大きな陣地を作れる可能性がある

http://diamond.jp/articles/-/134617
http://diamond.jp/articles/-/134617?page=2
http://diamond.jp/articles/-/134617?page=3
http://diamond.jp/articles/-/134617?page=4
http://diamond.jp/articles/-/134617?page=5

※続きます

6 :名前は開発中のものです:2017/05/17(水) 14:13:36.68 ID:YfGXb7ft.net

ARに対応させるのかな?

33 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 16:28:06.22 ID:auhlXSHM0.net

>その変化の数は、宇宙に存在する全ての原子の数より多いとされる。

まぁこれがまず大袈裟なんだろう
中国人は数が数えられない

39 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 17:37:50.13 ID:CBMj9w9R0.net

簡単に言うとAIは感性でも人間を凌駕するんだよな
人間より優れたAIが表現はもとより世界を見てどう思い感じるのかは興味あるね

108 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/11(火) 07:04:30.30 ID:lPTyA05H0.net

>>93
ちょっと近いんじゃない?
直感とか経験則ってそういうのから生まれるものだし

96 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/11(火) 01:38:37.03 ID:L2CNY+wj0.net

>>19
でもプロ棋士も億の手をよんだりしてるんだろ

79 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 21:42:20.00 ID:4g7bQBkD0.net

>>77
それはサイコロの振るモーション盗まれるからまず勝てんね
イカサマされてるようなもの

18 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 15:05:25.40 ID:GOyWXUZ60.net

スレタイ見て歌手のAIかと思った…
「あーケンカ強そうだもんね」とか考えちゃってごめんなさい

95 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/11(火) 01:31:08.20 ID:7D+sj9cp0.net

囲碁は複雑で計算が追いつかないから当分は安泰だろうって話だったけど
結局、人間の方もわかってる部分が少なかったってオチみたいだな

70 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 21:21:56.13 ID:hoezWBuj0.net

ほんと、20年前までいうても夢物語だと思っていたけど
AIに人間が支配される時代が確実に迫ってるな

125 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/12(水) 00:19:52.72 ID:qw6CJvDo0.net

まあ実世界への応用はかなりハードル高いだろうな
囲碁は状態もルールも明確だけど
実際の世界は状態もルールも不明確

53 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:40:36.71 ID:FD6btzpA0.net

なげーよ

124 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/12(水) 00:17:23.86 ID:qw6CJvDo0.net

人間の直感だって
結局のところ記憶・データベースとパターン認識みたいなことだから
本質的に似たようなものなのだろうな

26 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 15:47:22.00 ID:3CHvtYb00.net

成長型AI搭載○○とか考えると面白いなw
ゲームに人間が参加しようとしたらキックされたりしてなw
お前らトロいから要らんねん言われてなw

66 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 21:13:27.05 ID:hvHOdcxa0.net

>>65
だから人間の診断漏れを防ぐのに使うって言ってるのに

20 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 15:31:03.11 ID:hrAE7U060.net

>>15
医療現場への導入が予定されてるからな
普通の医者よりよっぽど信用できる
誤診が減るから歓迎だ

62 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 20:33:59.47 ID:dARz3ASC0.net

>>60

人間の活動カロリー算出して、同じ熱量だけの電力で対戦とかにしたらどう?
まぁ、スマホレベルでもプロ並みのソフトがあるらしいからそれでも無理かな。
AIだけでなく、省電力の技術革新に繋がれば・・・

126 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/13(木) 23:27:51.06 ID:qejn9eFd0.net

>>124
アルファ碁は人間の棋力向上の方法を機械的に模擬したものだから間違ってはいないわな

61 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 20:22:06.13 ID:ciRV/VpB0.net

>>6
これ

8 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 14:25:26.32 ID:LprirXcJ0.net

なんだ、囲碁の方か。
将棋の話をしてくれ。

27 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 15:55:52.42 ID:r4oj0Pb50.net

人は記憶型と思考型に大別できる

全部読むってのは全てを戦術で捉える
戦略の場合、戦術部分は推測で行う
つまり>>1は戦術から戦略に変化したってことだね

41 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 17:38:52.50 ID:Ckp4D4RH0.net

>解説者も先の手筋や形勢判断はAIに任せてあとは実況者として
口のうまい奴がいればよく、それは将棋のプロである必要はない

馬鹿だねえ… 
まあこいつは将棋も以後も全くやった事無いってのは分かるな ww

36 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 17:27:23.27 ID:2AOMWrRq0.net

>>7
たぶん何もわかってない
スポーツに置き換えれば理解しやすいと思う

世界ランク100位にも入れない奴が
世界ランク1位とAIの戦いを解説とか笑わせる

22 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 15:34:58.64 ID:344I468S0.net

>>19
10秒で10万手読むって事だからな
囲碁は盤面広すぎてCPUには読み切れないとか言われてたが、一分で60万手読めるんならCPUには圧倒的に狭くて話にならんだろうなぁ

71 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 21:24:01.51 ID:usxpNLH80.net

>>60
>>62
AIは道具として活用するべきで、AIに制限を加えて人間が勝てる条件を探すことに意味があると思えないわ
実際、柯潔がAIの手を研究して連勝していると>>1にもあるし

98 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/11(火) 01:41:03.40 ID:4Sxq2zbP0.net

囲碁ならタイトルにそう書けよ
将棋で釣るな

50 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:38:24.81 ID:uCX24R8X0.net

>>39
AI「ちきゅうううううううううう!!!!!!!!!!貴重すぎいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!

92 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/11(火) 01:06:40.76 ID:sK+9SaBU0.net

>>90
競馬予想における最適化ですかね?
自分で納得できるような予想をしても、いつも結果は斜め上な感じで、かするけど当たらない

88 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 23:56:31.42 ID:IJM3qpym0.net

囲碁の話題なのにビッグウェーブ扱いされない井山6冠が可哀想

86 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 23:44:15.46 ID:+vSdESuF0.net

>>84
検証済みというよりシミュレーションを繰り返して勝てそうな手を選ぶというのが正しいかな
囲碁は盤の端とか序盤ではまず打ちようがない手は候補から外せるから
その候補の外し方をディープラーニングで効率化したのがアルファ碁

46 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:59:38.46 ID:QXmyTqHi0.net

六段に言われても説得力無い

30 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 16:23:20.49 ID:a6S0UOd10.net

NHKの藤井の番組、AI、AIうるさくて途中で見るのやめたわ

94 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/11(火) 01:23:25.01 ID:CDMFNdW00.net

こんなのどうでもいいから藤井四段の強さを徹底解明して欲しい
日本将棋界の宝だ彼は

114 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/11(火) 08:14:19.99 ID:F/6LUzDE0.net

すまんが、三行でまとめてくれないか

112 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/11(火) 07:56:32.64 ID:KYgzrsBI0.net

最終的にはどのソフトを体内に埋め込むかで勝敗が決まる

2 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/07/10(月) 14:18:20.19 ID:CAP_USER9.net

※続きです

この図の■印は、白の陣地として確定された状態である。
■印は10個あるので、「10目の白地ができた。白の実利は大きい」などと表現される。
対して黒の外壁は、現時点では陣地を確保できていない。

しかし、この黒壁を右辺、下辺や中央でこれから起こる戦いに活用することで、隅の白地より大きな黒地を作れる可能性がある。
これを「厚み」と呼ぶ。この黒の壁が今後活用できそうならば、「これは良い厚みだね」と評価されるし、逆にうまく活用できなければ「厚みが働かない展開になってしまった」というように評される。

つまり、厚みとは投資であり、正しく評価し、運用するためには将来への洞察力が必要となる。
この厚みがどれくらい効果的なのかを判断するのが、囲碁の醍醐味なのである。

大人への囲碁の入門講座では「実利は現金」で、「厚みは将来への投資」と説明すると、納得されることが多い。
古くは徳川家康も愛好し、近年では経営者の方々に愛好家が多いのも、このあたりのリスクマネジメントに通じるところがあるからだろうか。

われわれ棋士は、常にこの実利と厚みのバランスに注意を払って対局している。
そして、この厚みの将来性を、人間は多くの経験から来る直感で判断しているのだ。
棋士にとって真に悩ましいのは次の一手を読むことよりも、上図のような局面を、黒と白のどちらが有利なのかを判断することなのである。

2016年の登場したアルファ碁は、多くの経験を積むことで、人間のような直感・感覚を手に入れ精度を向上させ、トップ棋士に勝利した。
この時のアルファ碁の打つ手は、人間にとって納得できる手が多かった。

ところが、2017年春、進化したアルファ碁同士の自己対戦が50局公開され、囲碁界は騒然となっている。
アルファ碁は、最初は人間の棋譜で学習するが、その後は自己対戦を数千万局積み重ねて、その経験を感覚的に学習する。
定石を丸暗記してしまうと応用が効かないが、情報を少しずつ伝えるニューラルネットワークはこれができるのだ。

図2:アルファ碁は黒1のような、盤端から数えて3・3の地点に打つ「三々入り」を多用する

アルファ碁の手を通じて、AIがたどり着いた“思考法”を探ってみよう。
アルファ碁の自己対戦では、左図の黒1で示したような「三々入り」(盤端から数えて3・3の地点)と呼ばれる手が多用されている。
この三々入りは人間の常識では中盤戦で打つ手であり、このように序盤早々打つのは「悪手」とされ、絶対に打つことはなかった一手である。

なぜか。
ここから、8手進めた局面で説明しよう。

人間の定石では、三々入りの後はこのような進行になり、▲印はほぼ黒地となる。黒が得た実利は10目弱だ。
それに引き換え、白は厚みを得た。これは10目以上の価値があるため「白有利」というのが、人間が100年以上積み重ねた囲碁の常識だった。

図3:黒1で「三々入り」した後の一般的な定石の進行。
黒は△印の10目弱の陣地を得ることができ、白は白2?白8の壁の厚みができる。

しかしアルファ碁は、平然と黒1と三々に打ち、白に厚みを作らせてしまう。
人間の考えでは、黒が得た実利は10目弱で限定的なのに対し、白の厚みは、働きが悪ければゼロに近いが、良い場合は50目以上にもなってしまうリスクがある。

序盤であればあるほど、厚み(=将来への投資)の働きを正確に測るのは難しい。
そのため、リスクを避けて序盤早々の三々入りを人間は打たなかった。

しかし、アルファ碁は、多くの対局でこの三々入りを打つ。
白の厚みが、黒の得た10目弱以上には働かないと判断しているのだろうか。

■将来性とリスク判断が正確なのか

アルファ碁は、厚みのもつ将来性とリスク判断が、より深く正確にできるようになったと考えられる。
膨大な自己対戦から得たAIの経験値が、人間をすでに大きく超えているのだ。

※続きます

14 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 14:49:59.74 ID:+Vigu0NX0.net

チェスAIのディープブルーを囲碁仕様にしてアルファ碁と対戦させたらどっちが強いんだ?
1秒間に2億手読むコンピューターvs1秒間に1万手+直感 
の対決になるわけだが

109 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/11(火) 07:15:33.73 ID:CtOqr1qm0.net

藤井聡太の存在が目障りで仕方がない囲碁界

122 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/11(火) 11:03:04.11 ID:wOeZQM9E0.net

>>102
年末年始にネット碁でAlphaGoが無双したときは
リアルsaiを見てるようで盛り上がった

でも既にヒカルの碁は設定が時代遅れになってしまった
今じゃ「saiの正体?AIに決まってる」で終わり

111 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/11(火) 07:35:59.33 ID:Yq8c2Ykp0.net

>>85
株とかFXやったことないのはよくわかる

45 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:58:01.27 ID:uCX24R8X0.net

>私たちがアルファ碁に追いついていないからなのか、アルファ碁の自己対戦で生み出された手は本当にいい手なのか、誰も知る由はないのである。

黒魔術の時代の幕開けである

47 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:22:14.10 ID:WiPrhk6e0.net

>43
ハンディキャップを後手番に6+0.5つけるんで0.5がある限り引き分けは無いかな

38 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 17:36:09.74 ID:kW2QE/Yn0.net

>>36
こういうバカってもう救いようがないな
ソフト見ながら○○間違えたwとか言ってるカスとまったく同じ

67 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 21:14:06.02 ID:ssF3dbyG0.net

AIはカラダが丈夫だからな〜
不眠不休でやれるし
相手がいなくてもAI対AIでもできるし
経験知で追いつけるわけがないじゃん
だって人間業じゃないもんな

23 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 15:35:11.94 ID:23Bvveor0.net

ゴリラなのに歌上手いよな

32 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 16:26:31.92 ID:wGz8687X0.net

1人じゃないからだろうや

37 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 17:34:47.93 ID:4cySxVze0.net

長年の経験と勘とかが真っ先にAIにとって代わるんだろ
レントゲンやCTの画像診断とかすでにAIでやってるみたいだし
株や為替の取引もそう

囲碁将棋とか趣味の範疇だから競技プロは残るだろうけど
指導役はAIに持っていかれるかも
解説者も先の手筋や形勢判断はAIに任せてあとは実況者として
口のうまい奴がいればよく、それは将棋のプロである必要はない

75 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 21:27:43.99 ID:RhB9RVly0.net

消去法でしょ
結局

73 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 21:26:45.61 ID:4g7bQBkD0.net

囲碁の手が原子の組み合わせより多いとかうそくさ

91 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/11(火) 00:43:45.87 ID:V5guhQNM0.net

>>83
去年のセドル戦の第3戦でも序盤14手目の二間トビなんてあれはだいぶ古い手だったんだよね。
江戸時代まではいかないけど。
定石は結局それをどう評価するかが肝心で、それは研究によりどんどん変わっていったりもするからなあ。

80 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/07/10(月) 21:42:46.36 ID:YI9UTT+30.net

解説なんか出来るわけがない。自分より強いのに解説なんかできないよ。

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事を読んだ方へのおすすめ

最近のコメント

nnns : 早くレイヤーやめて欲しい奴を晒すスレ2
 @kashiya_cos 一見普通に見えるが普段の生活... (8/25)
匿名 : 【テレビ】畠山愛理、選手時代は「恋愛しなさい」と言われていた
 畠山愛理がいた時は周りが畠山のみフューチャーし 1人の取材... (8/19)
匿名 : バカ「アシダカグモはゴキブリを食べてくれる益虫なんやで!」ワイ「ぉ前アホかぁ…?」
 女に嫉妬したホモのバグAIがホモヤクザ害虫上級国民として人類... (8/11)
ページTOPへ↑